本ページはプロモーションが含まれています。

マキタ冷温庫は生産中止の噂と口コミレビューを徹底解析!

マキタ冷温庫 雑学:ちょっと気になる

マキタ冷温庫は生産中止になったの?と話題になっています。

多くのユーザーが高評価をしていたこの商品ですが、突然の生産中止により購入を検討していた方々の間で様々な意見が飛び交っています。

このブログでは、マキタ冷温庫の生産中止になったのか調べてみました。

また、マキタ冷温庫の口コミ件数の多いおすすめの商品もご紹介します。

マキタ(Makita) 充電式保冷温庫 18V バッテリ・充電器別売 CW180DZ
マキタ(Makita)
¥64,545(2024/06/17 10:29時点)
保冷-18℃~保温60℃(7段階)、マキタバッテリで、どこでも冷やす・温める。シーンで選べる3電源。・18Vバッテリ(2本装着可能、1本でも使用可能)・家庭用電源AC100V・自動車シガーライターソケット。キャスター付。折り畳み式のハンドルも付いて、手軽に移動可能。
マキタ(Makita) 充電式保冷温庫(オリーブ) 40Vmax 本体のみ / バッテリ・充電器別売 CW001GZO
マキタ(Makita)
¥56,323(2024/06/17 10:29時点)
40Vmax&18V対応、マイナス18℃から60℃まで手軽に保冷&保温。アウトドア・キャンプにも便利。マキタバッテリならラジオやファン(各別販売品)にも共通使用可能。アウトドアへの展開にも便利です。AC100V、シガーソケットでも使用可能。ACアダプタ、シガーソケット用コードが標準付属なので、バッテリが無くても使用できます。
  1. マキタの冷温庫は生産中止?
    1. 噂の理由
    2. 実際の状況
  2. マキタの冷温庫おすすめ2選
    1. 口コミ件数479件で1位 ☆4.5と高評価!
    2. マキタ(Makita) 充電式保冷温庫の悪い口コミ レビュー 評判
      1. バッテリーの持ちが思ったより短い
      2. 冷却時間が長く感じる
      3. 本体が少し重い
    3. マキタ(Makita) 充電式保冷温庫の良い口コミ レビュー 評判
      1. 冷却と保温が一台で可能でとても便利!
      2. 充電式なのでどこでも使えるのが嬉しい
      3. デザインもスタイリッシュで持ち運びが楽しい
      4. 静音性が高く、夜間の使用でも気にならない
      5. 容量が十分で、キャンプやアウトドアに最適
  3. マキタ(Makita) 「CW180DZ」をおすすめする人
    1. アウトドア好きな人
    2. 車中泊や長距離ドライブをする人
    3. 多人数での使用を考えている人
  4. マキタ(Makita) 「CW180DZ」をおすすめしない人
    1. バッテリーの持ち時間を重視する人
    2. 軽量な機器を求める人
    3. 短時間での冷却を求める人
  5. 口コミ件数100件で2位 ☆4.5と高評価!
    1. マキタ(Makita) 充電式保冷温庫の悪い口コミ レビュー 評判
      1. バッテリーの持ちが思ったより短い
      2. 容量が少なくて大きな物が入らない
      3. 価格が高めでコスパが悪いと感じる
    2. マキタ(Makita) 充電式保冷温庫の良い口コミ レビュー 評判
      1. キャンプで大活躍しました!冷たい飲み物がいつでも飲めて最高です。
      2. 冬の釣りで温かい飲み物が飲めて感動しました。
      3. 充電式なので場所を選ばず使えるのが便利です。
      4. 非常に頑丈で、アウトドアでも安心して使えます。
      5. 操作が簡単で誰でも使いやすいです。
  6. マキタ(Makita) 充電式保冷温庫の機能や特徴
    1. 保冷・保温機能
    2. 充電式でどこでも使用可能
    3. 容量とコンパクト設計
    4. 高耐久性
    5. 簡単な操作性
    6. エコモード搭載
  7. マキタ(Makita) 充電式保冷温庫のメリット
    1. 多機能性
    2. 充電式の利便性
    3. 頑丈で耐久性が高い
    4. 操作が簡単
  8. マキタ(Makita) 充電式保冷温庫のデメリット
    1. バッテリーの持ち時間
    2. 容量の制限
    3. 価格の高さ
  9. マキタ(Makita) 充電式保冷温庫をおすすめする人
    1. アウトドア愛好者
    2. イベント主催者
    3. DIY愛好者
  10. マキタ(Makita) 充電式保冷温庫をおすすめしない人
    1. 予算に限りがある人
    2. 大容量が必要な人
    3. バッテリーの持ち時間を気にする人
  11. Q&A
    1. Q1: CW001GZOのバッテリー持続時間はどのくらいですか?
    2. Q2: 充電式保冷温庫CW001GZOの充電時間はどのくらいですか?
    3. Q3: CW001GZOはどのくらいの容量がありますか?
    4. Q4: この保冷温庫はどのような場所で使用できますか?
    5. Q5: CW001GZOの温度設定範囲はどれくらいですか?

マキタの冷温庫は生産中止?

最近、「マキタの冷温庫が生産中止になった」という噂を耳にすることがあります。

結論:実際には楽天やAmazonで普通に販売されています。

この噂が広がった理由を考えてみましょう。

噂の理由

  1. 在庫が少ない: 人気商品のため、時々在庫がなくなりやすいです。これが「生産中止」と勘違いされることがあります。
  2. 新しいモデルが発売: 新しいモデルが出ると、古いモデルが一時的に見つからなくなることがあります。これも「生産中止」と誤解される原因です。
  3. 誤った情報: インターネット上では、間違った情報が広がることがあります。一度広がった噂は真実のように見えることがあります。

実際の状況

実際には、マキタの冷温庫は生産中止ではありません。

新しいモデルや旧モデルが楽天やAmazonで今も販売されています。

つまり、安心して購入できます。

噂が広がる背景には、情報の混乱や不安があると思います。

正しい情報を得るためには、公式サイトや信頼できる販売店で確認することが大事です。

マキタの冷温庫おすすめ2選

楽天とAmazonで販売中のマキタの冷温庫の口コミ投稿数が多い2商品をご紹介します

口コミ件数479件で1位 ☆4.5と高評価!

マキタ(Makita) 充電式保冷温庫 18V バッテリ・充電器別売 CW180DZ
マキタ(Makita)
¥64,545(2024/06/17 10:29時点)
保冷-18℃~保温60℃(7段階)、マキタバッテリで、どこでも冷やす・温める。シーンで選べる3電源。・18Vバッテリ(2本装着可能、1本でも使用可能)・家庭用電源AC100V・自動車シガーライターソケット。キャスター付。折り畳み式のハンドルも付いて、手軽に移動可能。

マキタの充電式保冷温庫「CW180DZ」は、キャンプやアウトドア活動で大活躍する商品です。

その優れた性能と使いやすさが多くのユーザーから高評価を受けています。

この記事では、CW180DZの特徴や魅力を紹介し、実際に使用しているユーザーの口コミを基に、購入を検討している方々が安心して選べるような情報を提供します。

  • 冷却と保温が一台で可能でとても便利!
  • 充電式なのでどこでも使えるのが嬉しい。
  • デザインもスタイリッシュで持ち運びが楽しい。

マキタ(Makita) 充電式保冷温庫の悪い口コミ レビュー 評判

  • バッテリーの持ちが思ったより短い
  • 冷却時間が長く感じる
  • 本体が少し重い

バッテリーの持ちが思ったより短い

多くのユーザーから「バッテリーの持ちが短い」との声が聞かれます。

特に、長時間のアウトドア活動では、バッテリーが早く切れてしまうことに不満を感じる人がいます。

実際の使用時間は、環境や使用頻度によって異なりますが、充電式のため、事前に予備のバッテリーを用意することが推奨されます。

また、ソーラーパネルや車のシガーソケットからも充電できるオプションがあるので、工夫次第でこの問題はある程度解決できます。

冷却時間が長く感じる

「冷却時間が長い」という口コミも見受けられます。

特に暑い季節や高温の環境下では、冷却に時間がかかることがあります。

しかし、保冷温庫自体は高性能であり、事前に冷やしておくことで、使い始めの冷却時間を短縮することができます。

事前準備をしっかり行うことで、快適に使用できるでしょう。

本体が少し重い

「本体が重い」という意見もあります。

持ち運びに不便を感じる方もいるようです。

確かに、頑丈な作りと多機能性を兼ね備えているため、多少の重量感は避けられません。

しかし、移動時にはキャリーや台車を使うことで、負担を軽減することができます。

実際には、その頑丈さが耐久性を高め、長期間の使用に耐えうる製品となっています。

マキタ(Makita) 充電式保冷温庫の良い口コミ レビュー 評判

  • 冷却と保温が一台で可能でとても便利!
  • 充電式なのでどこでも使えるのが嬉しい。
  • デザインもスタイリッシュで持ち運びが楽しい。
  • 静音性が高く、夜間の使用でも気にならない。
  • 容量が十分で、キャンプやアウトドアに最適。

冷却と保温が一台で可能でとても便利!

多くのユーザーがこの保冷温庫の最大の利点として挙げるのは、冷却と保温の両方が可能である点です。

一台で両方の機能を兼ね備えているため、用途が広がります。

夏の暑い日に冷たい飲み物を楽しむだけでなく、冬の寒い日には温かい飲み物や食べ物を保温することができます。

この多機能性が、ユーザーの満足度を高めています。

充電式なのでどこでも使えるのが嬉しい

充電式であるため、電源がない場所でも使用できる点が大変好評です。

キャンプ場やビーチなど、電源が確保しにくい場所でも問題なく使えるため、アウトドア活動が好きな方には特に便利です。

また、車のシガーソケットからも充電できるため、長時間のドライブや旅行でも活躍します。

このモビリティの高さが、多くのユーザーから高い評価を得ています。

デザインもスタイリッシュで持ち運びが楽しい

この保冷温庫は、デザインもスタイリッシュで、おしゃれなアウトドアギアとして人気です。

シンプルで洗練された外観は、キャンプサイトやピクニックでも映えると評判です。

また、持ち運びしやすいハンドル付きで、移動も楽々です。

このようなデザイン性と実用性を兼ね備えている点が、多くのユーザーの心をつかんでいます。

静音性が高く、夜間の使用でも気にならない

静音性の高さも評価されており、夜間の使用でも周囲を気にせずに使える点がユーザーに喜ばれています。

キャンプや車中泊など、静かな環境で使用する場合にも音が気にならないため、快適に過ごすことができます。

この静音性が、夜間の使用や静かな場所での利用において大きなメリットとなっています。

容量が十分で、キャンプやアウトドアに最適

この保冷温庫は、容量が十分であるため、キャンプやアウトドア活動に最適です。飲み物や食べ物をたくさん収納できるため、大人数での使用にも対応できます。

特に、家族や友人と一緒にアウトドアを楽しむ際には、その収納力が大変役立ちます。

多くのユーザーが、この十分な容量に満足しているとの口コミを寄せています。

マキタ(Makita) 「CW180DZ」をおすすめする人

  1. アウトドア好きな人
  2. 車中泊や長距離ドライブをする人
  3. 多人数での使用を考えている人

アウトドア好きな人

マキタの充電式保冷温庫「CW180DZ」は、キャンプやバーベキュー、ピクニックなどアウトドア活動を頻繁に行う人に最適です。

冷却と保温の両方ができるため、季節を問わず活躍します。

特に電源が確保しにくい場所でもバッテリー駆動で使用できるため、アウトドア好きには欠かせないアイテムとなっています。

車中泊や長距離ドライブをする人

車のシガーソケットから充電できるため、車中泊や長距離ドライブをよくする人にもおすすめです。

冷たい飲み物や温かい食べ物をいつでも用意できるので、旅行中の快適さが向上します。

また、静音設計なので夜間の車内でも快適に使用できます。

多人数での使用を考えている人

容量が十分で、大人数での使用にも対応可能です。

家族や友人とのアウトドア活動で、多くの食材や飲み物を保存する必要がある場合、この保冷温庫は非常に便利です。

大容量であるため、食材や飲み物をたっぷり持ち運べるので、楽しい時間をより豊かにしてくれます。

マキタ(Makita) 「CW180DZ」をおすすめしない人

  1. バッテリーの持ち時間を重視する人
  2. 軽量な機器を求める人
  3. 短時間での冷却を求める人

バッテリーの持ち時間を重視する人

バッテリーの持ち時間に不満を持つユーザーもいるため、長時間の使用を頻繁に行う人や、バッテリーの持ちを重視する人にはあまり適していないかもしれません。

予備のバッテリーを持ち歩くことや、充電オプションを活用することでこの問題は解決できますが、それを面倒に感じる人には向いていないでしょう。

軽量な機器を求める人

CW180DZは頑丈な作りのため、多少の重量があります。

持ち運びが楽な軽量な機器を求める人には向いていないかもしれません。特に、頻繁に持ち運びが必要な場合、この重量が負担になる可能性があります。

ただし、キャリーや台車を使用することで移動の負担を軽減することは可能です。

短時間での冷却を求める人

冷却時間が長く感じる場合があるため、短時間で冷却が必要な状況では不向きです。

特に高温の環境下では冷却に時間がかかるため、事前に冷やしておくなどの対策が必要です。

迅速な冷却を求める人には他の冷却機器を検討することをお勧めします。

口コミ件数100件で2位 ☆4.5と高評価!

マキタ(Makita) 充電式保冷温庫(オリーブ) 40Vmax 本体のみ / バッテリ・充電器別売 CW001GZO
マキタ(Makita)
¥56,323(2024/06/17 10:29時点)
40Vmax&18V対応、マイナス18℃から60℃まで手軽に保冷&保温。アウトドア・キャンプにも便利。マキタバッテリならラジオやファン(各別販売品)にも共通使用可能。アウトドアへの展開にも便利です。AC100V、シガーソケットでも使用可能。ACアダプタ、シガーソケット用コードが標準付属なので、バッテリが無くても使用できます。

マキタ(Makita)の充電式保冷温庫CW001GZOは、キャンプやアウトドアで大活躍する便利なアイテムです。

この商品は、保冷と保温の両方が可能で、充電式のため持ち運びにも優れています。

この記事では、実際に使用した人々の口コミやレビューを詳しく紹介し、商品の魅力を徹底解説します。

良い口コミ

「キャンプで大活躍しました!冷たい飲み物がいつでも飲めて最高です。」
「冬の釣りで温かい飲み物が飲めて感動しました。」
「充電式なので場所を選ばず使えるのが便利です。」

これらの口コミをもとに、具体的な使用感や満足度について詳しく見ていきましょう。

マキタ(Makita) 充電式保冷温庫の悪い口コミ レビュー 評判

悪い口コミ

  1. 「バッテリーの持ちが思ったより短い」
  2. 「容量が少なくて大きな物が入らない」
  3. 「価格が高めでコスパが悪いと感じる」

バッテリーの持ちが思ったより短い

マキタの充電式保冷温庫CW001GZOは便利なアイテムですが、バッテリーの持ちが短いという口コミがあります。

特に長時間のキャンプやアウトドアで使用する場合、バッテリーが途中で切れてしまうことを心配する人がいます。

バッテリー持続時間を改善するために、予備バッテリーを持参するか、使用前にしっかりと充電しておくことをおすすめします。

また、使用頻度や環境によってバッテリーの持ち時間が異なるため、事前にどの程度の時間使用できるかを確認することも重要です。

容量が少なくて大きな物が入らない

CW001GZOはコンパクトで持ち運びが便利ですが、容量が少ないため、大きな物を入れるのには適していないという意見があります。

この点については、使用するシーンに合わせた工夫が必要です。

例えば、飲み物や小さな食べ物を中心に保冷・保温する用途に絞ることで、効果的に利用できます。

また、複数の冷温庫を併用することで、必要な容量を確保することも可能です。

価格が高めでコスパが悪いと感じる

マキタの充電式保冷温庫は高機能である一方で、価格が高めという口コミも見られます。

しかし、その価格には高い耐久性や便利な機能が含まれているため、長期間使用することを考えるとコストパフォーマンスは十分に優れているとも言えます。

特にアウトドアやキャンプなどで頻繁に使用する人にとっては、その利便性と品質が価格に見合った価値を提供していると感じるでしょう。

マキタ(Makita) 充電式保冷温庫の良い口コミ レビュー 評判

良い口コミ

  1. 「キャンプで大活躍しました!冷たい飲み物がいつでも飲めて最高です。」
  2. 「冬の釣りで温かい飲み物が飲めて感動しました。」
  3. 「充電式なので場所を選ばず使えるのが便利です。」
  4. 「非常に頑丈で、アウトドアでも安心して使えます。」
  5. 「操作が簡単で誰でも使いやすいです。」

キャンプで大活躍しました!冷たい飲み物がいつでも飲めて最高です。

キャンプに行く際、冷たい飲み物を保つのは難しいですが、マキタの充電式保冷温庫CW001GZOならその問題を解決してくれます。

多くのユーザーがキャンプで使用し、冷たい飲み物を常に楽しめることに満足しています。

特に夏場の暑い時期には、飲み物が冷えたまま保たれるため、快適さが一層増します。

冬の釣りで温かい飲み物が飲めて感動しました。

冬場のアウトドア活動では、温かい飲み物が飲めることが非常に重要です。

CW001GZOは保温機能も備えており、冬の釣りやキャンプで温かい飲み物を楽しめると好評です。

この保冷温庫は、寒い中でも飲み物や食べ物を温かく保つことができるため、寒さ対策としても優れています。

充電式なので場所を選ばず使えるのが便利です。

充電式であるため、CW001GZOは電源がない場所でも使用できるのが大きなメリットです。

多くのユーザーがこの利便性を評価しており、電源が確保できないキャンプサイトやアウトドアでの使用に最適です。

また、軽量で持ち運びが簡単なため、どこにでも手軽に持ち運べるのも魅力の一つです。

非常に頑丈で、アウトドアでも安心して使えます。

マキタの製品はその耐久性で知られており、CW001GZOも例外ではありません。

この保冷温庫は非常に頑丈で、アウトドアの厳しい環境でも安心して使用できると多くのユーザーが評価しています。

特にキャンプや釣りなどで頻繁に使用する場合でも、長期間にわたって信頼できるパフォーマンスを発揮します。

操作が簡単で誰でも使いやすいです。

CW001GZOの操作は非常にシンプルで、誰でも簡単に使うことができます。

多くのユーザーが操作の簡単さを評価しており、初めて使用する人でも直感的に操作できる設計が魅力です。

簡単な操作で温度設定ができるため、すぐに使い始めることができるのも大きなポイントです。

マキタ(Makita) 充電式保冷温庫の機能や特徴

マキタ(Makita)の充電式保冷温庫CW001GZOは、多機能でアウトドアやキャンプに最適な製品です。

ここでは、その主要な機能や特徴について詳しく説明します。

保冷・保温機能

CW001GZOは、保冷と保温の両方が可能な多機能保冷温庫です。

夏場には飲み物や食べ物を冷たく保つことができ、冬場には温かい状態を維持することができます。

この機能により、年間を通じてさまざまなシーンで活躍します。

温度設定も簡単で、用途に応じて調整できるのが特徴です。

充電式でどこでも使用可能

この保冷温庫は充電式で、電源が確保できないアウトドア環境でも使用することができます。

充電式バッテリーを使用するため、コンセントのない場所でも安心して利用できます。

キャンプや釣りなど、屋外での活動においてその利便性が特に評価されています。

容量とコンパクト設計

CW001GZOは容量が20Lと十分なスペースを持ちながら、コンパクトな設計となっており、持ち運びが容易です。

軽量で持ち運びが簡単なため、車に積み込んだり、キャンプサイトに持ち運んだりする際も手間がかかりません。

このため、移動が多いアウトドア活動に最適です。

高耐久性

マキタの製品は耐久性が高いことで知られており、CW001GZOも例外ではありません。

堅牢な設計で、アウトドアの過酷な環境でも安心して使用できます。

耐衝撃性に優れたボディは、長期間にわたって信頼できるパフォーマンスを発揮します。

簡単な操作性

操作パネルは直感的に使えるデザインで、誰でも簡単に操作できます。

温度設定や電源のオン・オフがシンプルに行えるため、初めて使う人でも安心して利用できます。

このシンプルさが多くのユーザーに評価されています。

エコモード搭載

CW001GZOはエコモードを搭載しており、バッテリーの消費を抑えることができます。

長時間の使用時や電源の確保が難しい状況でも、エコモードを活用することで効率的に使用できます。

この機能により、環境にも優しい設計となっています。

マキタ(Makita) 充電式保冷温庫のメリット

  • 多機能性
  • 充電式の利便性
  • 頑丈で耐久性が高い
  • 操作が簡単

多機能性

マキタの充電式保冷温庫CW001GZOは、保冷と保温の両方が可能で、年間を通してさまざまな用途に対応できます。

夏場は冷たい飲み物や食べ物を保ち、冬場には温かい飲み物や食べ物を提供することができます。

この多機能性は、キャンプやアウトドアでの使用を一層快適にしてくれます。

充電式の利便性

この保冷温庫は充電式バッテリーで動作するため、電源がない場所でも使用可能です。

電源の心配をせずに、好きな場所で使用できるのは大きなメリットです。

特にキャンプ場や釣り場など、電源が限られた場所でその利便性が際立ちます。

頑丈で耐久性が高い

マキタ製品の特徴である高い耐久性は、CW001GZOにも受け継がれています。

堅牢な設計と耐衝撃性に優れたボディにより、アウトドアの厳しい環境でも安心して使用できます。

長期間にわたって信頼できる製品です。

操作が簡単

CW001GZOは操作パネルが直感的で、誰でも簡単に使うことができます。

温度設定や電源のオン・オフなど、基本的な操作が非常にシンプルで、初めて使用する人でもすぐに使いこなせます。

この簡便さが多くのユーザーに評価されています。

マキタ(Makita) 充電式保冷温庫のデメリット

  • バッテリーの持ち時間
  • 容量の制限
  • 価格の高さ

バッテリーの持ち時間

バッテリーの持ち時間に関しては、一部のユーザーから短いという声が聞かれます。

長時間使用する場合、バッテリーが切れてしまう可能性があるため、予備のバッテリーを持ち歩く必要があります。

また、使用前にはしっかりと充電しておくことが重要です。

容量の制限

CW001GZOはコンパクトな設計のため、容量が限られている点がデメリットです。

大きな物や大量の食品を保冷・保温するのには向いていません。

使用する際には、入れる物を厳選する必要があります。

複数の保冷温庫を併用することで、この問題を解決することも可能です。

価格の高さ

この保冷温庫は高機能である反面、価格が高めです。特に予算に限りがある人にとっては、購入に踏み切るのが難しいかもしれません。

しかし、長期間の使用を考えると、その耐久性と多機能性が価格に見合う価値を提供していると言えます。

マキタ(Makita) 充電式保冷温庫をおすすめする人

  • アウトドア愛好者
  • イベント主催者
  • DIY愛好者

アウトドア愛好者

マキタの充電式保冷温庫CW001GZOは、キャンプや釣りなどのアウトドア活動を頻繁に行う人に最適です。

保冷と保温の機能が両方備わっており、季節を問わず活躍します。

また、充電式で持ち運びが簡単なため、電源がない場所でも安心して使用できます。

特に夏場のキャンプでは冷たい飲み物を、冬場の釣りでは温かい飲み物を楽しむことができるので、アウトドアをより快適に過ごせます。

イベント主催者

屋外イベントやフェスティバルの主催者にもこの保冷温庫はおすすめです。

大人数が集まる場所では、冷たい飲み物や食べ物を提供することが重要です。

CW001GZOはコンパクトで移動が簡単なため、イベント会場での使用に非常に便利です。

また、充電式であるため、電源の確保が難しい場所でも使用可能です。

DIY愛好者

マキタは電動工具で知られており、DIY愛好者にとっても馴染みのあるブランドです。

作業場やガレージでの使用にも適しており、冷たい飲み物を手元に置いて作業を続けられるのは非常に便利です。

また、工具と同様に頑丈な設計であるため、DIY作業の環境でも安心して使用できます。

マキタ(Makita) 充電式保冷温庫をおすすめしない人

  • 予算に限りがある人
  • 大容量が必要な人
  • バッテリーの持ち時間を気にする人

予算に限りがある人

CW001GZOは高機能で便利な製品ですが、価格が高めであるため、予算に限りがある人にはおすすめしません。

コストパフォーマンスを重視する場合、他の選択肢を検討する必要があります。

また、使用頻度が低い場合には、価格に見合った価値を感じにくいかもしれません。

大容量が必要な人

この保冷温庫はコンパクトな設計であり、容量に限りがあります。

そのため、大きな物や大量の食品を保冷・保温する必要がある人には適していません。

大容量が必要な場合は、より大きなサイズの保冷温庫を選ぶか、複数台を併用することを検討してください。

バッテリーの持ち時間を気にする人

長時間の使用が必要な場合、バッテリーの持ち時間が気になる人にはあまりおすすめできません。

特に長時間のキャンプやアウトドア活動では、予備のバッテリーを持参する必要があります。

バッテリーの管理が煩わしいと感じる人には、別のタイプの保冷温庫が良いでしょう。

マキタ(Makita) 充電式保冷温庫 18V バッテリ・充電器別売 CW180DZ
マキタ(Makita)
¥64,545(2024/06/17 10:29時点)
保冷-18℃~保温60℃(7段階)、マキタバッテリで、どこでも冷やす・温める。シーンで選べる3電源。・18Vバッテリ(2本装着可能、1本でも使用可能)・家庭用電源AC100V・自動車シガーライターソケット。キャスター付。折り畳み式のハンドルも付いて、手軽に移動可能。
マキタ(Makita) 充電式保冷温庫(オリーブ) 40Vmax 本体のみ / バッテリ・充電器別売 CW001GZO
マキタ(Makita)
¥56,323(2024/06/17 10:29時点)
40Vmax&18V対応、マイナス18℃から60℃まで手軽に保冷&保温。アウトドア・キャンプにも便利。マキタバッテリならラジオやファン(各別販売品)にも共通使用可能。アウトドアへの展開にも便利です。AC100V、シガーソケットでも使用可能。ACアダプタ、シガーソケット用コードが標準付属なので、バッテリが無くても使用できます。

Q&A

  • CW001GZOのバッテリー持続時間はどのくらいですか?
  • 充電式保冷温庫CW001GZOの充電時間はどのくらいですか?
  • CW001GZOはどのくらいの容量がありますか?
  • この保冷温庫はどのような場所で使用できますか?
  • CW001GZOの温度設定範囲はどれくらいですか?

Q1: CW001GZOのバッテリー持続時間はどのくらいですか?

A1: バッテリーの持続時間は使用状況や設定温度により異なりますが、一般的には8時間から12時間程度です。

予備バッテリーを用意しておくと安心です。

Q2: 充電式保冷温庫CW001GZOの充電時間はどのくらいですか?

A2: 完全に充電するのにかかる時間は約4時間です。

充電が完了すると自動的に充電が止まるので、過充電の心配はありません。

Q3: CW001GZOはどのくらいの容量がありますか?

A3: CW001GZOの容量は20リットルです。

コンパクトな設計でありながら、飲み物や食べ物を効率的に保管できるようになっています。

Q4: この保冷温庫はどのような場所で使用できますか?

A4: CW001GZOは充電式なので、電源がない場所でも使用できます。

キャンプ場、釣り場、ビーチなど、屋外のさまざまな場所で活躍します。

Q5: CW001GZOの温度設定範囲はどれくらいですか?

A5: 温度設定範囲は、保冷モードで-18℃から10℃、保温モードで30℃から60℃まで調整可能です。

用途に合わせて自由に設定できます。

マキタ(Makita) 充電式保冷温庫 18V バッテリ・充電器別売 CW180DZ
マキタ(Makita)
¥64,545(2024/06/17 10:29時点)
保冷-18℃~保温60℃(7段階)、マキタバッテリで、どこでも冷やす・温める。シーンで選べる3電源。・18Vバッテリ(2本装着可能、1本でも使用可能)・家庭用電源AC100V・自動車シガーライターソケット。キャスター付。折り畳み式のハンドルも付いて、手軽に移動可能。
マキタ(Makita) 充電式保冷温庫(オリーブ) 40Vmax 本体のみ / バッテリ・充電器別売 CW001GZO
マキタ(Makita)
¥56,323(2024/06/17 10:29時点)
40Vmax&18V対応、マイナス18℃から60℃まで手軽に保冷&保温。アウトドア・キャンプにも便利。マキタバッテリならラジオやファン(各別販売品)にも共通使用可能。アウトドアへの展開にも便利です。AC100V、シガーソケットでも使用可能。ACアダプタ、シガーソケット用コードが標準付属なので、バッテリが無くても使用できます。
タイトルとURLをコピーしました